Nonoko Tanaka

nonokotanaka

STOTT PILATES® 認定インストラクター

プロのバレリーナとして海外のバレエ団で踊る。退団後STOTT PILATES認定インストラクターの資格を取り、現在都内にてプロを目指すダンサーの子供達や姿勢改善をしたい女性などを中心に教えています。

3歳から地元鹿児島でバレエを始める。
2003年、イギリスのThe Hammond Schoolへ留学。
2004年、オランダのThe Dutch National Ballet Academyに入学しクラシックとコンテンポラリーダンスを学ぶ。
2006年フランス、カンヌにあるCannes Jeune Balletに入団。モニク・ルディエールに師事した。
また、在団中にさまざまな振付家の作品を踊り、ニース国立バレエ団のジゼルの公演に参加する。
2009年9月、Singapore Dance Theatreに入団。
クラシック、ネオクラシック、コンテンポラリー作品の主役、ソリストを踊る。
主に、「ジゼル」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「コッペリア」「眠りの森の美女」「ロミオとジュリエット」などの全幕作品、「アレグロ・ブリアンテ」「セレナーデ」「テーマとバリエーション」「コンチェルトバロッコ」「パキータ」などのクラシック作品でのソリスト。また、Stanton Welchの「Maninyas」、Nis Christeの「Fearful Symmetries」「Organ Concerto」「Zin!」、 Edwaard Liangの「The Winds of Zephyrus(パドドゥ)」「Age of Innocence」「Opus 25」、 島崎徹「Absence of Story」Goh Choo Sanの「Fives」「Double Contrast」 、Natalie Weirの「4Seasons(パドドゥ)」 「Jabula(パドドゥ)」、 Kinsun Chanの「Slide」、その他にJanek Shergen、Molly Lynch、Xing liang、Ma Cong、などの著名振付家の作品の主役、ソリストを踊る。
2014年秋に退団。退団後STOTT PILATES認定インストラクターの資格を取り、バレエとピラティスを指導している。

Other Teachers

Nonoko
Tanaka

Ayaka
Miyazaki

Ai
Iwakuni

Yasuko
Kato

Haruka
Nito

Yuriko
Tago

Hiromi
Uehara